2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツクールシリーズを勝手に比較・考察してみた その2

前回の ツクールシリーズを勝手に比較・考察してみた その1 の続きです。 ◎ウディタ(使用しての感想)

  長所
   無料でゲーム製作ができるツールとして圧倒的に優秀
   XP並みの解像度を持ちながら、2000並に動作が軽快
   800x600の解像度をサポート。これはエロRPGが捗りますねw
    ・余裕でエロゲーが作れる性能を持ってる・・・恐ろしきウディタ・・・
   マップのレイヤー方式がXPと同等の3段レイヤー!
   バージョン2からは基本システム入りも配布されているので簡単なRPGなら基本素材のみで作れる
   イベントコマンドだけで基本システムを改造させることが出来る
    ・コモンイベントのファイル入出力ができるので、有志のコモンイベントも充実している
   何より、英語の知識がなくてもプログラムのように組めるというのが最大の長所。
   データベースも改造できる。

  短所
   マップレイヤー3段なため、作るのは少し面倒くさい時があるし、楽なときがある。
    ・オートタイルは楽だけど、小物を貼り付けるときに面倒
   ユーザーインターフェース(以下・UI)が使いづらい。
    ・しかしコモンイベントを上手くやりくりして最適化すれば多少は作りやすくなる
   微妙に起動が遅い。XP以降のツクールよりはマシだが。
   プログラマー的な難しい思考がないと製作は難しい
   まともに作るには素材を自前で用意する必要がある
   基本システム入りを改造するのは多少読解力が要る。RGSSも同様だが・・・
   宿屋とか顔グラフィックの指定とかツクール2000であったコマンドの数々を多少自作で組まなければならない
   ウディタはツクールシリーズではないので、ツクールシリーズの素材及び改変素材は使用禁止
    ・つまりイザベルたんprprしたかったらツクールVXACE買えってことだよ!!!

   7/3 追記
   マップのシステムを根本から改造(マス移動から1ドット移動に変更するなど)はさすがに出来ないので、ピクチャで工夫する必要がある
   そもそもピクチャでしか自由に画像を扱えないため、描画優先度だけを変えたい時に面倒(要するに、ベルトアクションがとても作りづらい)


◎RPGツクールVX(体験版を使用しての感想)

  長所
   初心者向けを謳ってるだけあって作りやすい。
    ・2000のUIを継承している部分がある
    ・ただ、イベントコマンドはもう少し増やしても良かったんじゃないかな。
     ・2003が一番コマンドの数が多いので、そのレベルが良かった
     ・変数の間接参照がXPに引き続き、無いのもちょっと不便。初心者のためにカットしたのかもしれん・・・
   オンラインにある、ちびキャラツクールで簡単にキャラを量産可能
   基本システムがRGSSで製作されており改造可能
   95や2000からのアレンジのBGMがあるのが個人的にグッと来る
   XP同様イベントコマンドが少ない
    ・だが、イベントの簡単作成でよく使うイベントが作れる親切設計になっている。
    ・事実上の 宿 屋 の 復 活
   乗 り 物 の 復 活
   アイテム名の左にアイコンがつけられるのがイイネ!
   戦闘コマンド名が職業ごとに設定できる!
   ダンジョンを自動で作ってくれる機能が再び搭載
    ・しかし、不思議のダンジョンのような毎回構造が変わるステージがツクレナーイ

  短所
   キャラチップが2頭身で微妙・・・(^^;)
   マップの仕様が中途半端。レイヤーがないのは致命的。95と同レベル。
    ・5ページ分のマップチップを全部のマップで共通で使わないといけない
    ・長編を作りたいときにマップチップが足りなくなったとき面倒・・・
   起動がクソ重い。ゲーム中も重いときがある
   デフォルトの戦闘シーンがのUIがやはり前時代的
   解像度が544×416ピクセルなんて中途半端すぎる。
    ・改造で解像度は640x480に出来るが、同時に他の行も改造しないといけないのでちょっと面倒
   RGSS使うの更に面倒くさい
    ・ただ、ネット上にあるスクリプト素材はそこそこ充実しているし、改造もしやすくはなっている
(これに関しては、XPのRGSSの方が自分で改造しやすいって人も居るだろうし、VXの方が良いとかACEの方がオブジェクトなんちゃら的に美しいとか人によってまちまちなので完全に好みが分かれると思われる。)
    ・改造時に他のスクリプトをあまり意識しなくて良いってのは地味に助かるかも
     ・ただ、スクリプト素材を追加しすぎて素材同士でケンカする場合があったときに急にスクリプトを意識しないといけないので状況次第だと思う・・・
     ・なんというか、MincraftのMOD追加をしてる状況を思い出す。
   2000からの素材の流用がしづらい・・・
    ・反面、95からの流用が容易ではある
   XP同様、外部音源に切り替えられないのが個人的に残念
   テレポート復活させろや(憤怒)
    ・アイテム選択画面の表示を応用すれば作れるらしい
   Windowsのウイルスチェックに引っかかる(ハードウェアDEPの関係)ので、解除するのが面倒だぜ!



◎RPGツクールVXACE(体験版と当ツール製ゲームを遊んでみての感想)

   長所
    充実のキャラ素材
    デフォルトでできる機能が充実してる
     ・TPゲージ追加が神。ただしうまく使えるかは製作者次第
      ・この機能はなんとなくエストポリス伝記ⅢのIPを思い出しますね。
       (10/25追記)エストポリスⅡでした。Ⅲはないという…
      ・戦闘が終わるとTPがクリアされるのは微妙だと思う。特徴で引継ぎにできるからまあ良いんだけど
     ・味方キャラクターに紹介文が書けるようになった
     ・5人以上をデフォで仲間にできる
     ・特徴と使用効果という項目のおかげでデータベース製作が分かりやすい
     ・戦闘背景が2つにパーツの組み合わせで生成できる
     ・ダメージの計算式を簡単にいじれる
     ・隊列歩行(ドラホコ)の搭載
(家庭用ツクールでは当たり前だった機能を今更・・・どうせだったらドラクエ6とかライブアライブレベルの隊列歩行を実装して欲しかったな~)
    ちびキャラツクールを進化させた「キャラクターグラフィック生成ツール」がローカルで使える
    イザベルさんはキャバ嬢可愛い

   短所
    未だにマップの仕様が中途半端。
     ・レイヤー実装すれば良かったのに
     ・ただ、マップチップを複数登録可能になっているのはまあ良いと思う
    VX同様、デフォルトの戦闘シーンがのUIが前時代的すぎる。
     ・ただしRGSS素材で改造すれば、XPっぽいUIにすることは出来る。
      ・そのような素材もある
    起動がクソ重い。
     ・ただしmidi形式を使わないで作れば多少は改善される。
     ・midiに関しては加工できる人はoggに変換したほうが無難かもね
    画面外のイベントが動かないのはそれはそれで困る。動作が軽いのは嬉しいが。
     ・これはスクリプトをいじれば変えられる。
     ・結局はRGSSで改造できるので製作者の考え方次第

    解像度が544×416ピクセルなんて中途半端すぎる。
     ・VX同様、改造で解像度は640x480に出来るが、同時に他の行も改造しないといけないのやっぱり面倒
     ・ましてやこの時代なんだから800x600まで拡大できるように作っとけば良かったのに・・・
    RGSS使うのますます面倒くさい
    値段が高いよ!10000超えるってなんだよ!!
    このご時勢にハードウェア描画に対応していないのはちょっといただけないかなあ
    VXと一部共有している素材があるが、改変素材についてはVXACEで使えない場合がある
     ・同様に、ACEのみの素材はVXで使えない。それが元々VXのキャラをモデルにした場合でも・・・(要検証)


こうして比較するとどのツールも一長一短で、VXACEがひとつ抜きん出てるといった印象でしょうか。
単なるイザベルさん萌えなだけじゃねーか(笑)
いやいや実際VXACEは値段が高いですが、それに見合った素材の質の良さと拡張性の高さは他のツクールを凌駕してるとは言えるんじゃないでしょうか。ぶっちゃけ素材から自作するならどのツクールもどっこいどっこいなんですが・・・

ただ、実際にRGSSをいじる難易度がどのくらいのものなのかという問題もあるのでここがなんとも悩ましいところです・・・。素材が揃えられるなら軽さも解像度も拡張性もウディタ最強なんですけどねえ~

うーん、とりあえず貯金かな(おい)

ということで、今は構想だけ練ることにしますかね・・・ それではまた次回の記事で会いましょう!
スポンサーサイト

テーマ:RPGツクール - ジャンル:ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vagabondym.blog.fc2.com/tb.php/19-41003d27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

わたしのこと///

風来のやまやん

Author:風来のやまやん
メール:
huurai_ymyn@yahoo.co.jp

ツクールなどでゲームを作る20代。
ホームページはこちら
風来人・やまやんの大冒険

カテゴリ

雑記 (7)
【ゲーム】ボンバーミステリータワー (3)
【ゲーム】闘え!魔法戦士エリー (2)
【ゲーム】宝探し -Starring Treasure- (3)
【ゲーム】ダンジョンロード (3)
【ゲーム】ダンジョンロード2 (1)
【ゲーム】ダンジョンロード zero (1)
【ゲーム】アニメーター粛正の戦い (1)
【ゲーム】ウォッシュ・ザ・ストリート (3)
ダンジョンロードシリーズ世界観設定 (4)
過去記事 (4)
アニメ関係 (7)
ゲーム製作テクニック (6)
ゲーム製作 (14)
ゲーム製作用素材 (2)
ゲーム考察 (5)

最新記事

記事の検索

累計アクセス数

RSSリンクの表示

つぶやき四郎

ブロとも申請

この人とブロともになる

当ブログについて

やまやんのゲーム製作・創作ブログ(vagabondym.blog.fc2.com)はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。