2017-10

ゲーム製作ネタ「エンカウント率」(おまけでランダム・シンボルエンカウント方式について考察します)

夏休みの方、こんにちは。風来のやまやんです。
いやはや、暑くて暑くて家の玄関周辺にある緑が深みを増しているような気がしています。また、セミも鳴き始めましたね。セミが鳴くといやはや、夏も中盤か・・・とやる気をなくしちゃっていけませんね。

まあ、そんなことはどうでもいいですね

今回は、オーソドックスなRPGで採用されるランダムエンカウントにおけるエンカウント率について考察したいと思います。


俺もそれなりの数ゲームをやっていますが、ランダムエンカウントのRPGも結構やっています。そこであるゲームをやってて思ったことなんですが・・・

ダンジョンで数歩歩いたら戦闘開始

戦闘に1分弱

さて、また歩くか

数歩歩いて戦闘開始

戦闘に1分弱

敵出すぎだろ戦闘回避のスキル使っとこ

数歩歩いて戦闘開始

ふざけやがってぇぇぇえええええええええええええエンカウント率たかすぎるんだよ!!なんだよ!!1歩歩いただけでまた敵と遭遇するとか!!スキルでエンカウント率下げても相変わらず数歩歩いたくらいで敵と遭遇するとかしかも不意打ちされてるし!!!!レベル上げろってことか面倒くせえな畜生ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉッ!!!!

・・・っと、危うくムカ着火ファイヤー寸前になったことがありました。心の中で。
このように、エンカウント率が高すぎると戦闘ばっかりしててダンジョン探索に集中できないという弊害が生じてしまいます。RPGは戦闘だけをするゲームではないので。

ということで、プレイヤーをムカ着火ファイヤーにさせないためにもエンカウント率は低めに設定してあげましょう。低めですよ低め!!ダンジョン歩いて一度も敵に遭遇しないとかそういうレベルではダメですよ!

指定する値としてはダンジョンにもよりますが、100×100の大きさのマップを作った場合80~150歩に1歩という設定がベストだと思います。また、戦闘自体も1~2ターン自動戦闘を使って終わるようなバランスが最適だと思い自分は設定しています。

逆に戦闘に歯ごたえがある場合は200歩に1歩くらいに設定してもいいでしょうね。もしくは、戦闘したい人のためにエンカウント率を一時的にあげるアイテムとか、敵を呼び寄せる特技とかを作っておくと良いかもしれません。逆もそうです。エンカウント率を一時的に下げるアイテム、遭遇した敵から確実に逃げられるアイテムとか特技を設定しておくと戦闘したくない人のための親切設計にできると思います。


え?シンボルエンカウント?そんなもんは知らん(爆)


・・・というのも無愛想なのでこちらも個人的に考察すると(俺もシンボルエンカウントのゲーム作ったしね・・・)、シンボルエンカウントの場合マップ内に存在する敵の数が適度にバラけてないと邪魔だなあって思ったりするので(某初代ロマサガのイス○ス城での敵の行列とかもうね・・・)、1ダンジョンで使うマップの数を多くして小刻みに、1マップで出て来る敵のシンボルの数は1~2個でいいのではと思います。


因みに自分の理想のシンボルエンカウントシステムはペーパーマリオRPGですかね。あれは、マリオらしくアクション要素が強く出てることもあって、シンボルエンカウントと相性は良かったです。
シンボルエンカウントなら奇襲とか先制攻撃もある程度コントロールできるからね。アクション要素が入るけど。


注・ここから下は筆者の主観が入ってきます。


実は、自分が「RPGはランダムエンカウントの方が良い」と思っている理由の大きな一つが「シンボルエンカウントはアクションの要素があるせいでプレイヤースキルがゲームバランスに影響してしまう」というのを嫌っているからなんです。
本来、RPGというのは時間さえかければ誰でもクリアできるべきというのが自分のRPGでのポリシーなのでアクション制というのは徹底的に廃したいわけなんです。なので、市販のゲームとかでもアクション制があるならジャンルとかゲーム紹介サイトなどでアクションRPGとかシンボルエンカウント型のRPGと紹介すべきだと思いますし、自分の作るゲームでもそのへんの説明は積極的にするように心がけています。

私は別にシンボルエンカウントが嫌いなのではありません。ですが世の中にはシンボルエンカウントの様なアクション性を求めてないプレイヤーも必ず居るということを忘れてはいけないと思います。なので自分は「RPGはランダムエンカウントの方が良い」と考えているわけです。

みなさんも、ランダムかシンボルかどちらのエンカウント方式を採用するかはそのゲームのゲーム性と良く考えて決定するといいでしょう。その方がユーザーに親切です。


・・・しかし、なんという文章垂れ流し記事だこれ・・・でもスッキリしたのでこれでよし。ということで今回のゲーム製作ネタは以上でございます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム製作 関連 - ジャンル:ゲーム

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vagabondym.blog.fc2.com/tb.php/30-595f5795
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

わたしのこと///

風来のやまやん

Author:風来のやまやん
メール:
huurai_ymyn@yahoo.co.jp

ツクールなどでゲームを作る20代。
ホームページはこちら
風来人・やまやんの大冒険

カテゴリ

雑記 (7)
【ゲーム】ボンバーミステリータワー (3)
【ゲーム】闘え!魔法戦士エリー (2)
【ゲーム】宝探し -Starring Treasure- (3)
【ゲーム】ダンジョンロード (3)
【ゲーム】ダンジョンロード2 (1)
【ゲーム】ダンジョンロード zero (1)
【ゲーム】アニメーター粛正の戦い (1)
【ゲーム】ウォッシュ・ザ・ストリート (3)
ダンジョンロードシリーズ世界観設定 (4)
過去記事 (5)
アニメ関係 (7)
ゲーム製作テクニック (6)
ゲーム製作 (14)
ゲーム製作用素材 (2)
ゲーム考察 (5)

最新記事

記事の検索

累計アクセス数

RSSリンクの表示

つぶやき四郎

ブロとも申請

この人とブロともになる

当ブログについて

やまやんのゲーム製作・創作ブログ(vagabondym.blog.fc2.com)はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。