2017-10

閑話休題スペシャル3 2015年の夏アニメの感想を垂れ流すだけの記事その1

余裕のある時間が出来たので、適当に見たアニメの感想を更新していきます。
更新しないかもしれないので期待しないでね。
なお、この記事は随時加筆していく予定で、ひとつもしくは数件の記事としてまとめておく予定です。



・Charlotte
公式サイト http://charlotte-anime.jp/



(転載可能な画像がないので関連商品のリンクで勘弁してください。しかし、特に左下、このビジュアルを見る限りいつものKey作品だな)

Keyの脚本家(麻枝准)原作、P.A.WORKS製作のアニメ。
主人公だと思われる乙坂有宇という奴なんだが、こいつはナルシスト、ツッコミ役、CV内山昂輝なので、つまるところ甘城ブリリアントパークなのである(違います)。ゲス主人公だとか、コードギアスのルルーシュとかネット上で言われてるけど、それは言われてるので敢えて別の感想を言ってみた。
でも魔法≒超能力、ギャグパートの雰囲気を考えても甘城ブリリアントパークに似てないか?こう考えるのは自分だけだろうか。

とりあえず1話見た分には、超能力が使える設定は好きなんだけど、変なキャラ付けのキャラが出てきて辛い。しかもこの手のエロゲ原作特有の親居ません展開。飽きた。もうちょっと妹さんが普通の口調とかだったら良かったんだが。

あとは夢を見て自分の過去を回想するという強引な展開があって、Key作品特有の表現方法なのだろうか良くも悪くも話に深みを持たそうとしてるんだろうなって感じはする。強引だけど。

全体的にキャラデザは好みなので、あとはどこまで一本筋の通ったシナリオになるかだな。水戸黄門みたく悪い奴らをぶっとばしていくのかね。いやいや、この主人公だと無いだろw。
いやでも、最初にムカつく奴に乗り移ってケンカさせてたりしてたし、案外ムカつく能力者をボコボコにして粛清していったりして。ヘタすりゃ主人公サイドが悪役になりそうなw

そういえば1話、OP曲はともかくED曲すら無かったな。2話から見せていくのか、ううむ…。次回予告も無かったし時代の流れか…(ネット配信だと無いのかもな。ネット民は公式ホームページ行ってね~って奴。テレビで放映してる奴だと次回予告してるのかもしれないけど、テレビで見てるわけじゃないので事情が良く分からない。)

あの1話で登場した学校はぶっちゃけ後々登場しないのかな…、結構良さげな女の子居たんだけど。というかそっちの方が普通にかわいい。

※7/25 追記 3話まで見ての感想
 うん、友利ちゃんめっちゃ口(性格?)悪いな。まあ主人公もやれやれ系っぽいし、全体的に主要キャラにまともなやつは存在しないっていう感じだな。やっぱり1話の女の子だそうや。
ストーリーの展開としては、水戸黄門して、その後に伏線を回収したりまた増やしたりしていく流れだね。これは2話でもそうだったのでこれから2、3話くらいは同じ展開が続くんだと思う。んで残りの6話くらいで主人公達のような能力が使える人たちにとって脅威になる出来事(能力者の研究してる奴らに学校の場所がバレるみたいな)が起きてその問題の解決のためにやっぱ水戸黄門するんじゃねえかなと思う。

会話に関しては、漫才しつつ話を進めていくので割と気楽には見れる。でも事件が起きてるぞ!って時に漫才しながら会話してるのでいまいち真剣味が薄れてる感じがする。やっぱりシリアスとギャグは混在させないほうがいいと思うんだよな。
あと、作風として中二をこじらせているからかカッコつけた表現だったりもあるので、そこが好みが分かれる所かな。


・てーきゅう5期
公式サイト http://te-kyu.com/

(こちらも関連商品の画像のみ。これは5期OP曲のパッケージ。)

色んな意味で見るならGyao安定。まあこっちでもCM入るんだけどさ。
相変わらず(良い意味でも悪い意味でも)ひでえアニメだ。早口すぎて訳分からんうちに終わるけど勢いで笑ってしまうのもいつも通り。つーかゆるゆり3期見てえな。あっちの方がギャグアニメとしての質は高い。
それにしても、まりも先輩役の花澤さんはここ数年で演技が良くなった。これも数こなしてるからだろうな。

因みに自分はてーきゅうに出てくる女の子4人の中では押本ユリちゃんが好きです。え、男?じゃあ敢えてケン○ッキーおじさんなすのの父で。


・戦姫絶唱シンフォギアGX
公式サイト http://www.symphogear-gx.com/

(ED曲のパッケージ。たぶん。高垣彩陽さんの歌唱力には定評があるので、これだけでも曲として買ってもいいんじゃねーの。)

魔法少女、歌モノ、イベチケ、いわゆる豪華声優陣、マクロスFを手がけた制作会社、役満揃ってるアニメ。
第1期の1話見たときは「マクロスFかよ!?」って思ったけど制作が同じ所。そりゃそうなるわ。

1期からそうだが雰囲気が90年代臭すぎて、そういうのが好きな人は楽しめる。逆に重厚な世界観の作品が見たい場合はとっとと視聴切った方が良い。自分は多分切ります。キャラデザも古臭いし。
というか個人的にはマクロスFとかこれみたいに歌を流しながら戦闘シーンを流すってのは好きじゃない。どっちかに集中できない。

あと、このアニメは完全に役者さん自身が歌う挿入歌ありきのところがあるので、主要キャラの声優さんで気に入っている人が居るとかなら歌だけでも楽しめると思う。
なんかPV見たぶんだと今回の曲からも漂うTMレボリューション臭。でもこれ挿入歌なんだね。

※07/09追記 1話見た感想
 すげえな、30分で複数のキャラを同時に動かしてるもんだからテンポが速い上に情報量がハンパない。正直ついていけてない。1話のうちで色々やりすぎというかなんというか。
 でもこれ、勢いで盛り上げてるから訳わかんないんだけどテンションはあがるんだよね。怒涛の勢いで展開するし、演出にも気合が入ってるからなんかよくわかんないけど面白いって感じになるし、情報が過多ってくらい詰め込んでるから結構深く設定を探ろうと思えば探れそうなんだよね。だから、ある意味でエンタメとしては大正解な作りだと思う。ある意味ではな。俺としてはもう少しキャラの焦点を絞って分かりやすく丁寧に描写しろよと感じるけど。

しかし、なんだ。すげえ疲れる。これはあれだわ忙しいおじさんが疲れた後に見ちゃいけないアニメかもしれない。いや、逆に元気をもらって疲れが吹っ飛ぶとかそういうことなのか?いやいや、疲れるってwこれ見て元気出すくらいなら栄養ドリンクも一緒に飲んでおこうよw

※7/25 追記
 このアニメの凄いところをいくつか。まず、翼さんが剣を構えればキュピイイイイイン!!とか、カッ!!とかいうSEが鳴ってたり、挙句の果てにはなんかコインを武器にしてる奴がコインを構えただけでキュピイイイイイン!!とか鳴ってた。いわゆる必殺SE(必殺仕事人で使われてるような効果音)ってやつ。それがあるから面白かった。
 あとはなんだろうね、攻撃がとにかく派手。派手だからみてるだけでヒャッハーできる。そこが凄い。
 …とまあ、前述の「演出にも気合が入ってる」について細かく書いてみました。でもここらへんが後から見て派手だけどなんか滅茶苦茶なアニメだなあって思う要因のひとつだと思います。ストーリーもご都合主義だしな。


・ビキニ・ウォリアーズ
あ、これ5分アニメなのか。気軽に見れていいですねw
てかこれ、終始肌色じゃないか!ここまで開き直ってるとは優秀なバカアニメだなあ。ビキニアーマーが題材だしおっさんホイホイすぎる。
まあ、退屈過ぎて死にそうだったら見ます。


・アニメ「GOD EATER(ゴッドイーター)」


公式サイト http://anime.godeater.jp/

バンダイナムコエンターテインメント製作のゲーム原作、ufotable製作。

1話から万策尽きてケチがついてスタートしたアニメ。この作品自体は割りとどうでもいいと思っているのだがキャラクターのひとりである台場カノンという女の子が自分の好みなので、その子をたくさん見れれば良いなと思っています。因みに特集番組「GOD EATER EXTRA」は見ていません。というか見逃した。orz

07/13 追記 1話見た感想
うん、めっちゃ厨二だった。でもこの厨二っぷりが癖になるカッコよさで、これは見続けていきたいと思った。オサレ。
あと、なにげに1話からカノンちゃんの姿も拝めたのでぼく、満足!

しかしこのアニメ、アニメーションの絵の塗りが独特のタッチで、このタッチを維持するために1話万策尽きたのかなと思う。
別に普通の塗りで作ればいいのにとも思うけど、これはこれで作品の個性が出てるのでいいかもしれない。
オープニングの曲も良い感じでロックなので楽しめそう。あとはカノンちゃんが活躍してくれれば完璧。



>>その2へ続きます
スポンサーサイト

テーマ:アニメレビュー - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vagabondym.blog.fc2.com/tb.php/62-68350c5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

わたしのこと///

風来のやまやん

Author:風来のやまやん
メール:
huurai_ymyn@yahoo.co.jp

ツクールなどでゲームを作る20代。
ホームページはこちら
風来人・やまやんの大冒険

カテゴリ

雑記 (7)
【ゲーム】ボンバーミステリータワー (3)
【ゲーム】闘え!魔法戦士エリー (2)
【ゲーム】宝探し -Starring Treasure- (3)
【ゲーム】ダンジョンロード (3)
【ゲーム】ダンジョンロード2 (1)
【ゲーム】ダンジョンロード zero (1)
【ゲーム】アニメーター粛正の戦い (1)
【ゲーム】ウォッシュ・ザ・ストリート (3)
ダンジョンロードシリーズ世界観設定 (4)
過去記事 (5)
アニメ関係 (7)
ゲーム製作テクニック (6)
ゲーム製作 (14)
ゲーム製作用素材 (2)
ゲーム考察 (5)

最新記事

記事の検索

累計アクセス数

RSSリンクの表示

つぶやき四郎

ブロとも申請

この人とブロともになる

当ブログについて

やまやんのゲーム製作・創作ブログ(vagabondym.blog.fc2.com)はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。